WPテーマ「STINGER7」はコチラに移動しました

custom news

自身のWordPressに「HUNTER」を入れるコード

投稿日:2013年9月19日 更新日:

medium_128479288

どうも、特別限定テーマを「HUNTER」なんて名前にしたばかりに、
全くエゴサーチできない「ENJI」です。
さて、この度STINGER3に少しオプションを追加したWordPressテーマ
「HUNTER」を限定公開したわけですが、
既存のSTINGERの方にも設置できるように

また、STINGERじゃなくても

WordPress利用者なら誰でも設置できるように

コードを紹介しておきます。
このブログでも設置していますが、このコードを設定する事で

今まで書いたレビュー記事が、
圧倒的に進化して息を吹き返します!

せっかく今まで書いたレビュー記事、埋もれてませんか?

photo credit: QuattroVageena via photopin cc

「HUNTER」仕様コードを書くとこうなります

以下が、記事下に表示された今までの「レビュー記事」

2013-09-18_175939

上記のように、今までの「レビュー記事」がランダムで表示されるのですが、

単なる一覧表示ではありません!

2013-09-18_175939

①と②の部分は既に

直接の「Amazonアフィエイトリンク」

になっています。つまり、これにより
「今まで書いた商品レビュー記事」も「これから書くレビュー記事」も

未来永劫あなたのブログの力

になり続けるわけです!

Amazonアソシエイトは、クリックされて24時間以内なら何を購入しても報酬が入ります。なので、出来るだけ興味深いアソシエイトリンクを常に表示できれば最高です。
但し、毎回アフィリエイトコードを貼るのも手間ですし、
同じアフィリエイトを全部に貼れば品質ペナルティに抵触します。
自身のレビュー記事を最大に生かした方法をとれるのが「HUNTER」の狙いです。

※ご利用は自己責任で。

WordPressでAmazonアソシエイトを埋め込む仕組み

①functions.phpにコードを追加

functions.phpに以下のコードを追記。functions.phpは扱いを間違えると画面が真っ白になるので、必ず事前にバックアップをとり、FTPなどで直ぐに修正できる状態で作業をして下さい。

上記のコードで下図のようなAmazonアソシエイトコード用のカスタムフィールドを作成します。

2013-09-18_192259

②single.phpの表示したい位置に以下を追加

僕は、既存の「新着記事」を消して「関連記事」の上に記載しています。

古いバージョン

functions.phpに

が無い場合は

にしないとエラーになります。

③前回の記事を読んで設定する!

以降の設定方法は前回の記事をご参考下さい。
※「STINGER3」以外の利用者はCSSを設定して下さい。

注)プラグインなどと干渉する場合もありますので、必ず事前にバックアップをして下さい。

最初から上記のコードが記載済み
WordPressテーマ「HUNTER」はコチラの記事をどうぞ!

amazonアソシエイトの「力」の記事はこちら

20万?嘘つけ!Amazonアフィリエイトで売れまくる人気商品と実例

本当の「モンハン」がやりたい方はこちらをどうぞ!

51a1P3Yn03L._SL500_AA300_

モンスターハンター4

ちなみに、だいぶ前の記事で良い事書くよ~ってこれの事でした。。

sma

sma

-custom, news

Copyright© STINGERおすすめ!格安レンタルサーバー比較 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.